スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひぐらし解@ずっと三四さんのターン
かりふらわー


なに!?この大量の雑誌(資料)!!
…とばかりに、仕事がひと段落したので、
ずっと放置してた部屋の片付けをしました。
山のような古雑誌。やべー、これでもまだ3分の1だy…
疲れたので今日はここまで。
体力つかう事にはトコトン弱いです…


そんな訳で、ラクガキは軍服34三佐~。
ひぐらし解、皆殺し編最終話「終末」。
ずっと三四さんのターン。やめて三四さん!もう雛見沢のLPは0よ!

やースバラシイ三四さん。最高にムカつきましたw

上手くゲームを短くスリムにしてた感じで、
なかなか脚本頑張ってたのでは無いでしょうか。
作戦実行時に一人指揮しはじめる三四さんの描写がハショられてた割りに、
「ブロッコリー」はしっかり残っててちょっとウケタ。
ここは外せない!という脚本家の魂の叫びを感じました…w


皆殺し編以前と以降では、ひぐらしの作品内テーマがちょっと変わってきます。
以前は「仲間を信じる」。以降は「運命に抗う」。
信じれば運命はきっと変えられる、と叫ぶ、作者(竜騎士07)。
いったい何があったのか気になりますw

さて、撮っておいた「カイジ」みなくちゃー。
「運命はぼくらの手のなか」…ざわ…ざわ…
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。