スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【マンガの描き方の勉強】マンガ演出のテンポとリズム・5    【カメラワークの分解・その2】

カメラワークでの「テンポ作り」の分解。


そこに着眼してマンガを構成分解した時、何かしらの法則性が見えたりは
しないものかしら・・・・?


とか。


そんな事を考えていた時に、ふと閃きました。





コレって


「カット」と組み合わせて抽出したら

『テンポとリズム』が見えてくるんじゃねーの!?




「カット」は「演出の最小単位3コマ」。
その3コマの区切りの中での「カメラワークのパターンの連携」。


そこに一定の法則性は無いのか・・・!?







という訳で、

構成分解する為に僕的に分かりやすくカメラワークを5つに分けて考えてみました。


・1=ロング

・2=全身

・3=バストショット

・4=アップ

・5=部位




この5つです。




この種類分けに沿って、またいくつか漫画を分解してみると。


やっぱりまたまた面白い事が続々と分かってくるのでした・・・・!!!!!









・・・・と。



分解の為の説明はコレ位にして、

明日からは実際に分解したマンガをアップして見たいと思います。




請うご期待どうぞよろしく~!!!


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。