スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【マンガの描き方の勉強】マンガ演出のテンポとリズム・4    【カメラワークの分解】
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

■マンガのテンポを構成しているのは『2ページ(見開き)の中に演出構成要素が何カットあるか?』

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

この仮説を元にいくつか漫画を構成分解してみたのですが・・・・



正直しっくり来ませんでした。
(サーセンw)



分解してみても、
大同小異で見開き単位ではカット数は大して変動しないんですよね~。
取っ掛かりとしてはまぁまぁ面白い着眼点だったとは思うのですが、、、、





でもいくつかマンガを分解してみてて、ある時ふっと気になった点がありました。

それが・・・


「カメラワーク」  でした。






アップからロングに引き、一気にまたバストショットからアップにして・・・

みたいなテンポの作りは、漫画の描き手であれば絶対に意識して演出した事がある
基本的なテクニックだと思います。



でも、皆さんやっぱりカンでやってるんじゃ無いでしょうか・・・?





コレだ!!って言う「法則性」って考えた事あったりしますかね?




ドンピシャこのパターンが最高にクール!!!!
っていうカメラワークのパターン。

こういうシーンにはこのカメラワークが最高に当てはまるベストである!
という法則性。




そういうの「リズムで魅せる作家さん」を分解すれば見えてくるんじゃねーかなー、
とか思いまして。





そこで超ひらめいた訳ですよ・・・・!! コレって・・・・!!!!!













































続きはまた明日ァーーーーッ!!!!!!w





関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。